1. TOP
  2. 北海道
  3. 中島公園通駅で性病検査ができる施設や方法、相場や顔バレは?|北海道札幌市中央区

中島公園通駅で性病検査ができる施設や方法、相場や顔バレは?|北海道札幌市中央区

北海道  

中島公園通駅で性病検査

「股間がなんだかむずがゆい」

「一夜限りの性交渉をしてしまった」

など、性病は相手が持っていればうつる感染症であることから、予期せずなってしまう可能性があります。

また、うつした本人も性病であることに気づいていない場合は、自分自身がすでに感染しているのか知るすべはありません。

性病検査はそういった疑いがある場合に受けます。

無料でできる性病検査

結果から申しますと性病検査は無料で受けることが可能です。

中島公園通駅の地域の保健所などで無料で受けられる体制になっています。中島公園通駅の市町村の保健所webサイトを探してみてください。

でも事前に、性病検査を保健所でするデメリットを知っておいたほうがいいかも。

【中島公園通駅地域の保健所で性病検査をする前に】

  • 月に数回しか実施していない
  • 土日はやっていないことが多い
  • 夕方以降はやっていない(役所なので)
  • 全部の性病を調べられない
  • 検査結果が郵送ではない(所が多い)
  • 顔バレのリスクがある

中島公園通駅地域の保健所で性病検査を受けるときに一番つらいのは検査できる日時なんです。

検査が無料で受けられるのは素晴らしいですが、月に数回だったり、土日はやってないとかで、平日昼間が仕事だと休みを取っていく必要があります。

しかも、都合をつけるのが遅くなると、検査するまでに時間が経ってしまい症状が悪くなることも否定できません。また、HIV検査だけが無料の場合があったり、検査でわかる性病の種類が少ないこともあります。

さらに、検査は匿名ですることができますが、中島公園通駅周辺が地元の場合、近所の人や知り合いにバッタリ会わないとは限りません

秘匿性とスピードなら郵送検査

性病検査は何も中島公園通駅周辺の保健所や産婦人科で受けなくてもいいんです。

それこそが郵送での性病検査で、そのメリットは検査〜結果報告まで匿名かつスピーディに検査を行えることです。

>>郵送での性病検査「さくら検査研究所」公式サイトを見てみる


【郵送検査の流れ】

  1. スマホやPCから申し込み
  2. 検査器具の発送〜受取
  3. 検体(検査物)を採取
  4. 検体の返送
  5. 検査の実施
  6. 結果の報告

気になるのは検査キットが自宅に届くときに身内の誰かにバレないかということですが、それは郵便局留めなどを選択できるので大丈夫です。昼間に都合がつかない人は夜でも郵便物を受け取れる中島公園通駅近くの大きめの郵便局に局留めしておけば、仕事終わりでも取りに行けます。

送る検体は性病の種類によって異なりますが、男女で共通なのは血液口内の粘液、違うのは男性が尿、女性は膣分泌液があります。

>>採取方法はこちらからご確認ください|さくら検査研究所

検査期間は検査の申し込みからキットの到着までが2日ほど、検体を送付してから結果報告までは4,5日くらい(営業日にもよる)なので一週間で結果がわかります。これは保健所やクリニックであっても、結果が出るまでは1週間程度かかるので遅いわけではありません。

しかも、郵送検査は結果がメールなどで簡単にみられるので中島公園通駅付近の保健所などでもう一度結果を聞きに行く手間がありません

中島公園通駅で性病検査

調べられる性病と検査項目

検査キット 検査項目
8項目検査 B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア
6項目検査 HIV・梅毒・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア
4項目検査A B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒
4項目検査B 淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア
咽頭検査A 淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・咽頭淋菌・咽頭クラミジア
咽頭検査B 咽頭淋菌・咽頭クラミジア

上記以外にも1種類から性病検査できる検査キットがありますので、詳しくは以下をご確認ください。

>>中島公園通駅周辺での性病検査に抵抗があるなら「さくら検査研究所」で匿名検査


性病の症状と種類

性病にはたくさん種類があり、症状や治療の手段もさまざまです。疑わしい性病はどれなのか、またどの検査が必要なのかの目安にしてください。

梅毒

梅毒は、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによってうつる感染症です。原因は梅毒トレポネーマという病原菌で、病名は症状にみられる赤い発疹が楊梅(ヤマモモ)に似ていることに由来します。感染すると全身に様々な症状が出ます。  早期の薬物治療で完治が可能です。検査や治療が遅れたり、治療せずに放置したりすると、長期間の経過で脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります。時に無症状になりながら進行するため、治ったことを確認しないで途中で治療をやめてしまわないようにすることが重要です。また完治しても、感染を繰り返すことがあり、再感染の予防が必要です。梅毒に関するQ&A|厚生労働省

梅毒で確認したいのは、感染初期にしこりが性器や口腔内にできたり、股の付け根やリンパ節が腫れる症状が見受けられますが、あまり痛みがないことも多くだんだん症状が軽くなり治ったと錯覚する場合もあります。

治ったように感じてもウイルスは体内に残っているので、他者にうつす可能性があります。なお治療をせずに放っておくと、ウイルスが血管に乗って全身に運ばれ発疹します。さらにさらに数年経過すると臓器に甚大な障害を及ぼすことがあり、早期発見と治療が大事になります。

感染経路

主な感染経路は感染部位との直接的な接触となります。性交渉、オーラルセックスなどが原因です。

治療方法

一般的には内服薬を使ってウイルスを全滅させる治療をします。場合によっては抗菌薬を点滴することもあります。体内に病原体が完全に無くなったと医者が判断をするまで治療を行います。あと、接触相手がわかっている場合はその人に検査をさせることも重要です。

梅毒のチェックポイント
性器・肛門・手指・口唇などの痛みの少ない腫状のものがあったら要検査

クラミジア

本疾患はわが国で最も多い性感染症(STD)である。感染症法では淋菌感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジ ローマとともに、5類感染症として性感染症定点からの報告が 義務付けられている。(中略)妊婦検診において正常妊婦の3?5%にクラミジア保有者がみられることから、自覚症状のな い感染者はかなりあるものと推測されている。性器クラミジア感染症とは|国立感染症研究所

男性は尿道炎や精巣上体炎などになり、尿道の違和感や痛みで症状が自覚できます。女性は不妊や子宮頚管炎などになるが、自覚症状がないことも多く、気付くのが難しいことも多いです。

また、妊婦の感染の場合、新生児に感染することもあり肺炎や結膜炎を起こすこともあります。

感染経路

感染経路は感染箇所との直接的な接触によるものです。性器と性器(または肛門)、口と性器の接触などが原因です。

治療方法

治療にはテトラサイクリン系薬、テトラサイクリン系薬、およびマクロライド系薬などの抗菌薬が使われます。クラミジアは治療後も再び感染者と接触すると再感染することがあるので接触者は全員検査することが重要です。

クラミジアのチェックポイント
女性は白や透明のおりもの、排尿痛、不正出血など。男性は排尿時の痛みやかゆみ、膿みなどの排出、睾丸の腫れや痛みなどがあれば要検査。

トリコモナス

トリコモナス原虫が原因で、婦人科やSTDの中でも比較的ポピュラーな疾患である。膣だけではなく子宮頸部、下部尿路、前立腺などにも侵入しピンポン感染を起こすにもかかわらず、男性に比べ特に女性で症状が強いこともあり、トリコモナス感染症だけではなくHIV感染やPID(卵管炎などの骨盤内感染症)などとの関係や早産や前期破水など妊娠経過への影響なども注目されている。トリコモナスとは|山の手クリニック

男性の場合ほとんど自覚症状がなく、尿道の軽い炎症や違和感がある程度なのでとても厄介です。女性は自覚症状がないパターンもありますが、おりものの変化や痛みやかゆみが出てくることも少なくないので自覚しやすいです。

感染経路

主な感染経路は性的接触ですが、子供や性交経験がない女性も感染する場合があるので、稀ですがタオルやトイレ便座などからも感染するとされています。

治療方法

内服薬による治療が用いられます。パートナー(接触者)の感染の可能性も高いので検査と治療を一緒にすることが重要です。

トリコモナスのチェックポイント
女性は泡や粒状のおりもの、外陰部や膣内のかゆみや不快なニオイなど。男性はほとんど無症状、または尿道の軽い痛み程度。

淋病

淋菌感染症は、淋菌Neisseria gonorrhoeae (gonococci)の感染による性感染症である。淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失い、日光、乾燥や温度の変化、消毒剤で簡単に死滅する。したがって、性交や性交類似行為以外で感染することはまれである。淋病感染症とは|国立感染症研究所

男性は主に淋菌性尿道炎になり、数日〜9日程度の潜伏期間後に排尿時に膿などによる痛みが発現します。症状が出ない人がいるということもあるということです。

女性が感染すると症状が軽く自覚できない人も多く、それによって不妊になったり、子宮外妊娠を起こしたりすることもあります。また、肛門や咽頭の感染でも症状を自覚できないことが多いので感染拡大の要因になっています。

感染経路

感染経路は主に感染部位に直接触れることによってです。性器同士の接触、口と性器の接触などが原因となります。

治療法

内服薬や注射で抗菌薬を投与する治療が施されています。自覚症状があまりないので、接触した全員の検査が感染拡大を防ぐために重要です。

淋病のチェックポイント
女性はおりものの異変(色やニオイ)、外陰部の腫れなど。男性は排尿時の痛み、膿みなどの排出、睾丸の腫れや痛みなどがあれば要検査。

>>認可を受けた衛生検査所で郵送性病検査

おかしいと思ったら検査を

性感染症の中には自覚しにくいものも多くあります。想定外の相手と性交渉をしてしまった時や、相手に感染症の疑いを感じた場合や、性器などに違和感を感じた場合には早めに検査を受けましょう。

さらに、検査の結果が陽性だった場合には、自身の治療と一緒に接触者への検査や治療を行うようにしましょう。

※当サイトに記載されている情報は、医師又は健康管理をしている方によるアドバイスの代わりになるものではありません。ご心配な方はご利用者のかかりつけの医師や中島公園通駅周辺の医療機関や行政機関にご相談ください。

\ SNSでシェアしよう! /

性病検査できる場所や方法、相場や匿名性は?の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病検査できる場所や方法、相場や匿名性は?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!