1. TOP
  2. 北海道
  3. バスセンター前駅で性病検査する病院や方法、費用や秘匿性は?|北海道札幌市中央区

バスセンター前駅で性病検査する病院や方法、費用や秘匿性は?|北海道札幌市中央区

北海道  

バスセンター前駅で性病検査

「なんだか性器に違和感がある」

「成り行きで性交渉をしてしまった」

など、性病は相手からもらってしまう感染症なので、誰しもがかかってしまう可能性があります。

さらに、疑わしい相手自身も性病に気付いていない可能性も高いので、自分自身が性病であるのかどうか断定することはできません。

そうなると性病検査を受けることになります。

性病検査は無料でできる

結論を言うと性病検査は無料で受けることが可能です。

バスセンター前駅周辺の保健所などで無料で行っています。バスセンター前駅近くの保健所をネット検索してみてください。

でも事前に、保健所で性病検査をするデメリットを知っておいてもいいでしょう。

【バスセンター前駅近くの保健所で性病検査のデメリット】

  • 月に数回しか実施していない
  • 土日はやっていないことが多い
  • 夕方以降はやっていない(役所なので)
  • 全部の性病を調べられない
  • 検査結果が郵送ではない(所が多い)
  • 顔バレのリスクがある

バスセンター前駅地域の保健所で性病検査を受けるときに最も面倒なのが検査日時です。

無料で検査できるのはありがたいことですが、月に数回だったり、土日はやってないなど、仕事が平日の人だと都合がなかなかつきにくい場合も。

しかも、都合をつけるのが遅くなると、そのロスした時間に症状が悪くなることだって考えられます。また、HIV検査も一緒に受けないといけなかったり、検査でわかる性病の種類が少ないこともあります。

あと、検査は匿名で受けられるものの、保健所はバスセンター前駅地域の役所なので、近所の人や同級生などが働いている可能性もゼロとは言い切れません

スピーディかつ匿名でできる郵送検査

性病検査はわざわざバスセンター前駅地域の保健所や病院で受けなくても可能です。

それを可能にするのが郵送の性病検査キットなのですが、これが優れているのは検査から結果報告まで誰にも知られずスピーディに完了できることです。

>>郵送での性病検査「さくら検査研究所」公式サイトを見てみる


【郵送検査の流れ】

  1. スマホやPCから申し込み
  2. 検査器具の発送〜受取
  3. 検体(検査物)を採取
  4. 検体の返送
  5. 検査の実施
  6. 結果の報告

気になるのは検査キットが自宅に届くときに家族にバレないかということですが、その時は郵便局留めを利用すれば回避可能です。仕事がある人は夜間でも郵便物を受け取れるバスセンター前駅近くの大きめの郵便局に局留めしておけば、夜でも受け取ることができます。

送付する検体は受ける検査の種類で異なりますが、男女共に採取するのは血液口内の粘液、男性特有なのは尿、女性特有なのは膣分泌液になります。

>>採取方法はこちらからご確認ください|さくら検査研究所

結果が出るまでは注文から届くまでが1〜2日、検体送付から結果までが5日程度なので一週間で結果がわかります。血液検査は時間がかかるので、保健所やクリニックで検査しても結果が出るまで1週間は必要なので遅いことはありません。

しかも、郵送検査は結果がメールなどで簡単にみられるのでバスセンター前駅付近の保健所などでもう一度結果を聞きに行く手間がありません

バスセンター前駅で性病検査

調べられる性病と検査項目

検査キット 検査項目
8項目検査 B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア
6項目検査 HIV・梅毒・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア
4項目検査A B型肝炎・C型肝炎・HIV・梅毒
4項目検査B 淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア
咽頭検査A 淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・咽頭淋菌・咽頭クラミジア
咽頭検査B 咽頭淋菌・咽頭クラミジア

上記以外にも1種類から性病検査できる検査キットがありますので、詳しくは以下をご確認ください。

>>バスセンター前駅周辺での性病検査に抵抗があるなら「さくら検査研究所」で匿名検査


性感染症の種類と症状

性病にはいくつかの種類があり、症状や治療法に違いがあります。疑わしい性病はどれなのか、そしてどの検査をすればいいのかの目安にしてください。

クラミジア

本疾患はわが国で最も多い性感染症(STD)である。感染症法では淋菌感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジ ローマとともに、5類感染症として性感染症定点からの報告が 義務付けられている。(中略)妊婦検診において正常妊婦の3?5%にクラミジア保有者がみられることから、自覚症状のな い感染者はかなりあるものと推測されている。性器クラミジア感染症とは|国立感染症研究所

男性は精巣上体炎や尿道炎などになり、尿道の痛みや違和感で症状を自分で自覚できます。女性の場合は、不妊や子宮頚管炎になるものの、症状として自覚できないので気付くのが難しくなっています。

また、妊婦の感染の場合、赤ちゃんに感染することもあり結膜炎や肺炎を発症することも。

感染経路

感染経路は主に感染部位との接触によってです。性器同士の接触、オーラルセックスなどが原因です。

治療方法

治療にはテトラサイクリン系薬、テトラサイクリン系薬、およびマクロライド系薬などの抗菌薬で治療します。クラミジアは免疫ができるものではないので、何度も感染することがあるため接触者の全員検査&治療が不可欠です。

クラミジアのチェックポイント
女性は白や透明のおりもの、排尿痛、不正出血など。男性は排尿時の痛みやかゆみ、膿みなどの排出、睾丸の腫れや痛みなどがあれば要検査。

トリコモナス

トリコモナス原虫が原因で、婦人科やSTDの中でも比較的ポピュラーな疾患である。膣だけではなく子宮頸部、下部尿路、前立腺などにも侵入しピンポン感染を起こすにもかかわらず、男性に比べ特に女性で症状が強いこともあり、トリコモナス感染症だけではなくHIV感染やPID(卵管炎などの骨盤内感染症)などとの関係や早産や前期破水など妊娠経過への影響なども注目されている。トリコモナスとは|山の手クリニック

男性は自覚するほど症状が出ず、尿道の軽い炎症や違和感がある程度なので厄介なものです。女性は自覚できないこともありますが、おりものの状態が変わったり、かゆみが出るパターンもあるので気付けることも。

感染経路

メインとなる感染は性交渉ですが、性交経験がない女性や子供でも感染することがあるので、便座やタオルなどから感染することも稀にあります。

治療方法

飲み薬による治療になります。これまで接触した人も感染の可能性があるので検査と治療をしてもらうことが大切です。

トリコモナスのチェックポイント
女性は泡や粒状のおりもの、外陰部や膣内のかゆみや不快なニオイなど。男性はほとんど無症状、または尿道の軽い痛み程度。

梅毒

梅毒は、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによってうつる感染症です。原因は梅毒トレポネーマという病原菌で、病名は症状にみられる赤い発疹が楊梅(ヤマモモ)に似ていることに由来します。感染すると全身に様々な症状が出ます。  早期の薬物治療で完治が可能です。検査や治療が遅れたり、治療せずに放置したりすると、長期間の経過で脳や心臓に重大な合併症を起こすことがあります。時に無症状になりながら進行するため、治ったことを確認しないで途中で治療をやめてしまわないようにすることが重要です。また完治しても、感染を繰り返すことがあり、再感染の予防が必要です。梅毒に関するQ&A|厚生労働省

梅毒の注意点は、感染初期に口腔内や性器の周りにしこりができたり、股の付け根やリンパ節が腫れる症状が見受けられますが、痛みをあまり感じないことも多く、徐々に症状も軽くなったりして検査をしない人もいます。

症状が軽くなろうと病原体は体内に存在するので、別の人にうつしてしまう危険性があります。なお治療をせずに放っておくと、病原体は全身に広がって発疹が出たりします。それでも数年放置していると臓器に重大な障害を及ぼすことがあるので早期発見、早期治療が重要です。

感染経路

感染経路は感染箇所との直接的な接触です。性器と性器(または性器と肛門)オーラルセックスなどが原因です。

治療方法

一般的には薬を服用して抗菌することになります。場合によっては抗菌薬を点滴することもあります。体内に病原体が完全に無くなったと医者が判断するまで治療は継続されます。あと、接触相手がわかっている場合はその人に検査をさせることも忘れないように。

梅毒のチェックポイント
性器・肛門・手指・口唇などの痛みの少ない腫状のものがあったら要検査

淋病

淋菌感染症は、淋菌Neisseria gonorrhoeae (gonococci)の感染による性感染症である。淋菌は弱い菌で、患者の粘膜から離れると数時間で感染性を失い、日光、乾燥や温度の変化、消毒剤で簡単に死滅する。したがって、性交や性交類似行為以外で感染することはまれである。淋病感染症とは|国立感染症研究所

男性の症状としては淋菌性尿道炎になり、2〜9日程度の潜伏期間後に排尿時に膿などによる痛みが発現します。人によっては症状が出なかったり感じなかったりすることもあります。

女性は感染しても症状が軽くて気づけないことがあり、そのことが原因で子宮外妊娠や不妊になることもあります。また、咽頭や肛門に感染があった場合も自覚症状がない場合があり、感染拡大を進める要因になっています。

感染経路

感染経路は主に感染部位との接触が原因です。性交渉(性器と肛門を含む)、口と性器の接触などが原因となります。

治療法

抗菌薬の投与や服用による治療が用いられています。自覚症状が少ないので、接触者の早期診断と治療も感染を防ぐために重要です。

淋病のチェックポイント
女性はおりものの異変(色やニオイ)、外陰部の腫れなど。男性は排尿時の痛み、膿みなどの排出、睾丸の腫れや痛みなどがあれば要検査。

>>認可を受けた衛生検査所で郵送性病検査

違和感を感じたら早期検査を

性感染症の中には自覚しにくいものも多々あります。予定外の性交渉をした時や、相手に性感染症の疑いがある場合や、性器やその周辺に違和感がある場合には必ず検査を受けましょう。

また、検査して陽性反応だったときには、自身の治療と同時に接触者も検査や治療を行うようにしましょう。

※当サイトに記載されている情報は、医師又は健康管理をしている方によるアドバイスの代わりになるものではありません。ご心配な方はご利用者のかかりつけの医師やバスセンター前駅周辺の医療機関や行政機関にご相談ください。

\ SNSでシェアしよう! /

性病検査できる場所や方法、相場や匿名性は?の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

性病検査できる場所や方法、相場や匿名性は?の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!